<3月>在校生の作文を更新しました。

母へ。

母が逝きました。

96才でした(満年齢)

生前「おじいちゃん(自分の夫)と

同じ95才でいくよ」と

言っていました。

その通りに逝きました。

母はすごく計画的な人でした。

命日は孫の誕生日。

523日でした。そして厳しい人でした。

私の小学生時代のお稽古事はつづりかた(今の作文)、

絵画、ピアノ、家庭教師(塾がない時代)お茶、お花、

大丸デパート子供服のモデル、毎日遊ぶ時間はありませんでした。

おそるおそる、「何かをやめたい」と言った時、

「どの口がそれを言う!!」とひどく叱られました。

また、休むことも許されません。

「学校は休んでもいい、毎日のことだからすぐ取り戻せるだろう。

お稽古は一回ずつが勝負なのだから」と言う理由でした。

ただ、6年になり学校を卒業するとき、

「これであなたも大人になったので

一つ一生続けられるものを選びなさい、

後は全部捨てて構わない」

母の誘導に引っかかり

見事に現在ピアノをしています。

母の心づもりは一人娘である私が生きて行く上で

「手に職を」と言うことのようでした。

今、母に感謝しています。

今この歳になって今更ながら母の偉大さに気づいています。

娘もあと少しで結婚します。

新居も決まりました。

やがて姓も変わります。

とても理解ある優しい旦那様です。

「おばあちゃん、メイはお嫁ちゃんになるよ。

おじいちゃんといつまでも仲良くね」

安らかに。

ではごきげんよう。