<12月>節子先生のひとりごと更新しました

profile

友寄 明(ともよせ めい)

2歳より母の手ほどきを受けてピアノを始める。初舞台は3歳。

新報音楽コンクール第1位(小学校5年)。ポーランドクラコフオーケストラと協演ソリストを務める(小学校6年)。教育連盟ピアノオーディション全国大会派遣。

沖縄県立開邦高等学校芸術家卒業。沖縄県立芸術大学音楽学部音楽学専攻卒業。同大学院修了。

大学硏究誌にドビュッシーに関する論文掲載。

これまでに、論文を倉橋怜子、ピアノを関口節子、杉山哲雄、日比谷友妃子、岩崎セツ子の各氏に師事。

渡久山 正人(とくやま まさと)

宮古島(旧平良市)出身。東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コース、
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。汐澤安彦指揮東京音楽大学シンフォニックウィンドアンサンブルと定期演奏会にて協演。選抜卒業生による新人演奏会に出演。ピティナB級全国大会入賞。ピティナC級全国大会奨励賞(第4位)受賞。第5回日本ピアノ教育連盟オーディション全国大会派遣。第47回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選。
第3回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション、グランプリ受賞。同新人演奏会に出演。2000年、南城市(シュガーホール)、宮古島、多良間島、石垣島にてソロリサイタルを開催。2006年、大勝秀也指揮沖縄県立芸術大学オーケストラとベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番を演奏。沖縄県立芸術大学院修了。第6回かやぶき音楽堂デュオコンクール連弾部門ファイナリスト。関口節子、杉山哲雄、三浦捷子、小高明子、清水和音、岩崎セツ子の各氏に師事。現在、後進の指導に当たるとともに、ソロ、伴奏、アンサンブル等の演奏活動を行う。